家時間を素敵にするために 片付け収納レッスン 埼玉狭山川越所沢 西東京

捨てるのが苦手な方へ、捨て上手になる秘訣

捨てるのが苦手な方へ
「物を手放すセンス」が飛躍的に上がる秘訣です。
ぜひ、読んでくださいね。

「もったいない。。。」
片付けのお手伝いをしている時、
お客様が何十回と呟くセリフはこれです。

綺麗だけど流行遅れの服、
いただきものの新品の食器、
いつか使うかもしれないモノたち。

「モノは大事にしなさい」と教えられたし、
たしかに、「もったいない」ですよね。

私も、捨てられずに、
「いつか使おう」って、
元あった所に戻したりしていました…。

だから、
「片付けは、一人でやると迷うばかりで、
たいして進まない」方の気持ちも、よくわかります。

そんな私が、
物を手放すことが、スムーズにできるようになった
「1つの問いかけ」があります。

その問いかけを、お伝えしますね。
それは何かというと、

「本当にもったいない」のは、何?
これです。

もったいないのは、
「モノ(現物)」や、「モノを買った費用」
だと思いがちです。

でも、本当に「もったいないもの」って、
別だと、思います。

それは、
・物を探すのにかかる時間
・使われない物が、収納されたスペース
・片付かないことによるエネルギーロス

つまり、
「時間」と「スペース」と「エネルギー」の3つ。

ですので、この新たな3つの視点で、
「本当のもったいないチェック」してみて下さいね。

「物」を大切にすることだけ、見ていると、
他にもある「もったいないこと」や「大事なこと」が、
見えなくなってしまうかもしれません。

物も大切ですが、
そこに暮らす人の方がもっと大切ですよね!

さらにいうと、
どこに何があるか分からない家族が、
自分のことを、自分で出来ないことも
もったいない。

自分のことが自分で出来たら、
家族も自分も、今より「自由」です。

きっと、片付けない家族に
イライラするエネルギーは激減します!

家のどこに何があるか分かって、
困ることなく、やりたいことを、
家族にも、楽しんでほしいと思います。

「詰め込み過ぎの収納」のなかに、
ただしまわれた物は、
大切にされていないのと同じ。

しかも、実は、
大事な財産である
「時間」と「スペース」と「エネルギー」を
奪ってるかもしれません。

「もったいない」の
新しい3つの視点を持つことで、
物を手放すセンスが、飛躍的に上がりますので、
ぜひ、お試しください。

そうしてできた、ゆとりのなかで、
「大切な人」や「自分」のために時間を使って、
「大切なこと」を、楽しんで欲しいと思っています。

片付けサポートでは、
「本当にもったいないのは、何か」
「何を一番大事にしたいか」を
問いかけながら、

大切なものを一緒に見極めていきます。

家時間を、軽く、明るく、華やかにする第一歩です。
片付けが一人では進まない方、
全力でサポートさせていただきますので、
ご検討下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー