家時間を素敵にするために 片付け収納レッスン 埼玉狭山川越所沢 西東京

暮らしやすくて、ずっと美しい家づくり

「我が家は狭いから」とか、
「時間がないから」、
「家族がいるから」、
様々な理由で、

不便なことや、きれいに暮らすことを
諦めてはいませんか?

暮らしやすくて、ずっと美しい家づくりに
大切なポイントの1つをお伝えします。

それは、家づくりは、子育てと一緒。
「我が家の可能性を信じて、育てる」
ということです。

言い換えると、
「我が子の欠点を受け止め、愛する」

さらにストレートにいうと、
「不便に慣れてしまわない」
ということです。

本当に、家づくりは、子育てと同じです。
「うちって、狭いし、古いし、家族多いし、こんなもの」
だと、見くびらないであげて欲しいのです。

家は、あなたの育て方次第で、
いくらでも美しく、使いやすく、快適になります。

私の家も、築30年なので、
最初は「うーむ」となりましたが、

断捨離と、整理整頓を工夫し、
飾ることを楽しみ、
愛でて、育てていくうちに、

自宅サロンを開いたり、

娘の友達から
「いつも綺麗なお家だね」と
言われるくらいに成長しました。

日頃、なんとなく感じる使いにくさや、
違和感は、我が家をより良くする
「良い機会」と、とらえることが出来ます。

弱点こそ、ヒントであり、魅力にもなると、
感じています。

「暮らしを整理すること」は、
・一日の家事の流れ、
・家族の暮らしかた、
・子育てで大切にしていること、
・何を大切にしたいかという価値観、
・家族の性格

そんな様々なことも整理しながら、
「家族のあり方」や「人生の優先順位」を
考えることです。

ですから、使いにくさに目をつぶり、
ただ、しまいこんで、
いっけんきれいに見えるのは、
本当の意味で、整理が出来ているとは、
言えないのです。

子育てをするように、
家の可能性を信じて育ててあげると
「暮らしやすくて、美しさが続く暮らし」が出来ます。

ライフスタイルが変化しても、
価値観が変化している時も、

物の見直しをしながら、
暮らしそのものを整理して、
成長させて欲しいと思います。

使いやすくて、ずっと美しい家づくりに
大切なことは、
「諦めている不便さを知って、使いやすさ」
に変えることです。

「片付けサポート」では、
お家の事情を伺いながら、
不便さを見直し、改善していきます。

「捨てるものがわからない」こともなくなり、
自然と、スムーズに断捨離できます。

そして、我が家の隠れた良さ、可能性が花開きます。
家族も自然と片付けてくれるようになります。

散らかっていたのは、ズボラなのではなく、
「家の使い方の問題」だと、気づけます。

「使いやすく、ずっと美しい家」を
ご一緒に、楽しんで育てていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー